【この看板、どっちのカフェに行きたい?】 ~デザインの不思議~

「あなたはこの2つの看板を見て、

どちらのカフェに行きたいですか??」

今回のテーマ「デザインの不思議」

どちらのカフェの名前も「The cup」なのに、こんなに違うのはなぜ?

この二つの看板を見て、私たちは文字だけではなく様々な情報をキャッチしています。

デザインの世界へようこそ♪

想像を膨らませながら一緒に分析してみましょう。

 

◎まずは、左の白い看板から見てみましょう。

この看板をみてあなたはどんなお店をイメージしますか?

・小さな白いカップに丁寧に淹れられたドリップのコーヒー

・素朴な手作りのクッキーやケーキ

・素材にこだわったサンドイッチ

・気軽に入れそうなカジュアルなお店

・白を基調とした清潔感のあるシンプルな内装と観葉植物がありそう

・どちらかといえば女性好み

….etc

 

◎そして、右の茶色の看板♪

さて、こちらのカフェはどうでしょうか?

・大きなコーヒーマシンで淹れた濃いめのコーヒー

・ガラスのショーケースからは大きなマフィンやスコーン

・ワインやビールも飲めたり

・内装はヴィンテージ風、年季の入った木のテーブルや椅子

・どちらかといえば男性好み

…etc

 

あなたが選ばれた看板のお店はこんな風に想像されたのではないでしょうか。

看板だけで、こんなに色々なことが見えてきます。

では具体的に私たちはどんな情報をキャッチし、想像しているのか細かくみていきましょう。

 

●フォント●

カフェの名前 “the cup” それぞれのフォントが私たちにどんな印象を与えるのでしょうか。

◎左 〜サンセリフ体〜

シンプルで新鮮なイメージを持たせてくれます。

親しみやすくてカジュアルな印象にしたい場合によく使われます。

→シンプルでカジュアルなお店な印象でしたね。

 

◎右 〜スクリプト体〜

簡単にいえば筆記体のフォントです。

ビンテージ感や高級感を出してくれると言われている。

→ビンテージ感のある店内の印象を与えられましたね。

 

●色●

そして、次に見て行きたいのが「色」です。

色はデザインをするのにとても大切な要素で、感覚的なイメージで私たちはとらえます。

この看板、全て同じデザインなの色が変わると印象もぐっと変わります。

◎左のシンプルな白は、清潔感や素朴さを感じさせます。

→確かに、清潔感のあるシンプルな内装や、素朴な手作りクッキーなど想像しましたね。

◎中心の青は冷たい印象を与え、温かいコーヒーが飲めるようなお店には残念ながらみえません。

「海」や「空」を連想するような色です。

◎また、右のむらさきの看板は、とても素敵な色だけど、少し和を感じさせるような印象をあたえます。

 

今日ご紹介した「デザインの不思議」は、「フォント」と「色」の2つを分析しました。

たった2つの要素だけでこんなに様々なことが想像でき、イメージがどんどん膨らみますね。

あなたの街にあるカフェの看板でも想像してみてくださいね♪

ねえ僕(Ai)を使いたおしておくれよ…<ショートカット編>

こんにちは僕はAi。イラレと呼んでね。

[AiとはIllustrator(イラレ)というデザインソフトのことです。]

 

僕(イラレ)を使い倒すためにはショートカットを覚えておくと良いよ。

※使いこなすことによってより早くかっこよく作業を行うことができます

 

 

君が僕を使い倒せているのか診断してあげよう

[診断は全5問。普段イラレを使っている人にとっては簡単かも※Macの場合commandキー、Windowsの場合Ctrlキー]

 

[それでは診断してみよう。次のショートカットがどういう操作か答えてきださい。]


01 command+N(他のソフトでも使えるかも)

A新しくドキュメントを作成

B何かが起こるが何が起こるか全くわからない


02 V

Aとりあえず勝利する

B選択ツール


 

簡単?ここから3問は難易度UP。

 


03 command+2

A lockする

B rockする


04 command+R

A 定規を出す

B グリッドを表示する


05 command+D

A変形の繰り返し

B塗り線を初期値に戻す


 

僕を使い倒せていたかな?

[因みに自分でショートカットをカスタマイズすることもできます。]

 

[上記以外でもかなりの数のショートカットがありますので、よく使うショートカットだけでもは覚えておくと作業の効率化ができます。他のソフトでも使えるcommand+Cからのcommand+Vなど。]

 

 

 

次回はオブジェクトを再配色かパペットワープツールかなにかについて解説するよ。ご要望も受け付けているよ。

 

さぁみんな僕と一緒にイラレマスターになろうよ。

Command+Q!!!

[アプリを強制終了させるショートカット]

 

イラレショートカット参考

Illustratorショートカット集

アクションにつながる”良いアイデア”「Idea to Action」の法則

みなさんこんにちは、いなかの窓の本多です。

今回はみなさんに、「良いアイデア」の出し方を紹介したいと思います。

みなさんが思う、「良いアイデア」ってなんでしょうか?

  • 誰も考えたことのない奇抜なアイデア?
  • 最新テクノロジーを駆使した驚くようなアイデア?
  • 人を幸せにできるアイデア?
  • お金が稼げるアイデア?

たしかにどれも、良いアイデアだといえます。

しかし全てのアイデアに言えることがあります。
それは、「実行できなければどんな良いアイデアもゴミ同然!」だということです。

こんなアイデアがある、あんなアイデアがあると頭の中で考えているだけでは、良いアイデアを持っているとは言えません。
「下手の考え休むに似たり」というように、考えるだけでは何もしないのと一緒なのです。

一方でこんな考えもあります。

「うじうじ考えるより行動したらええんや!」

それもまた違うと思います。

周りを見てみて下さい…。
実行したのはいいけど、全然評価されない。そんなアイデアもたくさんあります。

「実行したからといってそれが良いアイデアとは限らない」ということです。

つまり、アイデアを出すだけでもダメ、何も考えずに実行するだけでもダメ。
アイデアとアクション、その双方のバランスが取れた状態のものが良いアイデアといえるのではないでしょうか。

ということで今回は良いアイデアの出し方、すなわち、アイデアをアクションに移すための方法。「Idea to Action」という手法をご紹介します。

 

アイデアをアクションに移す「Idea to Action」

どうして世の中で実施されているイベントや事業には良いものとビミョーなものがあるのでしょうか。
実際にアクションに至っているのに、稼げている事業と稼げていない事業、人が集まっているイベントと集まっていないイベントがありますよね。
なぜそんな違いが生じるのでしょうか。

考えられることはたくさんあると思います。

  • マーケティングがしっかりしてる
  • プロモーションがすごい
  • そもそもお金をかけまくっている
  • 人脈がすごい

などなど、たしかにそうかもしれません。

しかし、実際にはもっと根本が違うと考えています。

その謎を解き明かすのが「Idea to Action」なのです!

 

いい加減前フリが長いから早く説明してくれ「Idea to Action」

前フリが長いので単刀直入に言いましょう。

「Idea to Action」で重要なのは「to」の部分です。
いかに「Idea」を「Action」に移すかが重要なのです。

いい加減この画像くどいですか??

実はこの「to」は、ある2つの単語の頭文字を表しているのです。

「to」のところよく見てください。

 

ほら、もっと!

はい、きました!

そう、「theory」と「output」が隠されていたんですねー。

 

アイデアを実行に移すための「Theory」と「Output」

「Theory」とは「理論」のこと。
「Output」とは「出力」のことです。

「Output」の「出力」は直訳すぎるので今回の「Idea to Action」では「発信」とか「外に出す」という意味で捉えていただくと分かりやすいかと思います。

この「Theory」と「Output」こそが、アイデアを実行に移すために必要な要素なのです。

「Theory」とは

すみません、ここにきて記事書いててテンションが下がってしまいました。
なぜなら、私は「Logic」「Theory」を間違えていることに気づいてしまったからです!
「Logic」とは「論理」。つまり私は、「理論」と「論理」を間違えてしまいました

「Idea」→「Theory」→「Output」→「Action」の頭文字をとって「Idea to Action」ってかっこいいやん!と思ってそういう名前を付けたのですが、そもそも正しくは「Theory」じゃなくて「Logic」だよぉ。

書くのやめたい。

はぁ〜。

 

でも書く。

 

じゃあもう開き直って「Theory」でいきますね。

 

「Theory」とはつまり、理論(論理といいたい)のことなのです。

理論(以下、論理と書きます)とは、思考の筋道のことです。

思考とはアイデアのこと。すなわち、アイデアの筋道を作ることで、そのアイデアをより説得力のあるものにしていくわけです。

たとえば「地域活性のためのおためし居住施設を作る」というアイデアがあるとしましょう。
このアイデアに「Theory(論理)」を付けます。

  • 地方創生が取り沙汰され地方に興味をもつ人が多い
  • 地方に住んでみたいが家賃が高いというネックがある
  • 一回短期間だけ住んでもらって地域の良さを肌で味わってもらう
  • 空き家が多いのでリノベーションして活用できる

と、こんな感じで「なぜやるのか」の理由を明確にしていきます。

さらに論理を展開していきましょう。

  • 地方創生が取り沙汰され地方に興味をもつ人が多い
    • 20〜39歳の49%が地方へ移住したいと考えている
    • 地方創生関連予算が平成27年では約1兆4千億、平成28年では約1兆5千億、平成29年では約1兆7千億と増加している
  • 地方に住んでみたいが家賃が高いというネックがある
    • 生活費の安さが魅力だと1%の地方在住希望者が考えているが実際にはそこまで大きく変わらない場合もある
  • 一回短期間だけ住んでもらって地域の良さを肌で味わってもらう
    • 交通インフラが不便、買い物環境が不便といったギャップを感じる移住者が20%以上いる
    • 一度住んでみないと良い面と悪い面が分からないことが多い
  • 空き家が多いのでリノベーションして活用できる
    • 空き家は年々増加しており、平成25年の調査では空き家率が過去最高の5%で820万戸にのぼる
    • リノベーションに対しての助成金が存在する

アイデアに対しての論理に対してさらに深掘りして論拠を出すことで、その論理がより強固なものになっていきます

ちなみにこのアイデアに対する論理は適当にググって統計データを調べて30分ほどで書いたものです。30分でも調べればそれなりの論理が組み立てられるので、もっと時間をかければ、ツッコミどころのない強固な論理を作っていくことができます。

これだけでも「地域活性のためのおためし居住施設を作る」というアイデアが良いアイデアに見えてきませんか?

 

「Output」とは

次に「Output」を紹介します。

「Output」とは、「発信」とか「外に出す」ということです。

さきほど、「Theory(論理)」では、アイデアに説得力を付けました。

「Output」では、説得力のあるアイデアをより魅力的に伝えられるように組み立てていきます。

 

そもそもなぜ「Output」が必要なのでしょうか。

論理がしっかり組み立てられていれば他人を説得できるので必要ないのではないでしょうか。

実はそんなことはありません。

論理がしっかりしていても、人は動かせないのです。

人は意外と感情で動くことが多いのです。

世の中には理屈では考えられない謎が多いですよね…

たとえば、

  • なぜ早起きしたほうがいいと分かっているのに二度寝三度寝を繰り返すのか。
  • なぜ一生を誓いあった女性がいるのに、浮気を繰り返してしまうのか。
  • なぜ早めに終わらせたほうがいいのに先延ばしにして納期ギリギリで作業してしまうのか。
  • なぜ健康に悪いと思いつつも、添加物たっぷりの食品を食べてしまうのか。

などなど、頭では分かっているのにやめられない。
それらは結局、論理ではなく感情で動いている証拠なのです。

だから人は論理だけでは動きません。

「Output」では「Theory(論理)」で導き出した論理を、人の感情に訴えかけられるように変えていきます。

 

それでは実際に、普通にアイデアの説明をする場合の方法の例を紹介します。


普通の例:

私たちはこの町に、「おためし居住施設」を作ります。
理由は4つあります。

  • 地方創生が取り沙汰され地方に興味をもつ人が多い
  • 地方に住んでみたいが家賃が高いというネックがある
  • 一回短期間だけ住んでもらって地域の良さを肌で味わってもらう
  • 空き家が多いのでリノベーションして活用できる

ということです。

それでは、それぞれについて根拠を詳しく説明していきます。

〜〜〜略〜〜〜

以上の理由から、私たちは「おためし居住施設」を作ります。


 

これはよくある説明の仕方です。

最初に結論を出し、その理由を説明し、最後にもう一度結論を伝える。教科書通りの「正しい伝え方」ですね。

たしかにこの方法だと分かりやすいし、伝わりやすいです。しかし、実際にこれで「これは良いアイデアだ!早速協力したい!」と思ってもらえるでしょうか。

今度は人の感情に訴えるアイデアの説明の例を紹介します。

 


魅力的に伝える例:

私たちはこの地域に拠点を置いてから5年間、地方創生が取り沙汰される中で、地方の課題に多く触れてきました。

どの地方も地方創生に取り組んでいますが、その殆どが一時的なものに過ぎません。

実際に私たちも地方の課題を解決するために、◯◯や◯◯などの取り組みをしてきました。それらの取り組みは一定の評価と実績を得ることができ、たしかな地方創生に繋がったと思っています。

 

しかしまだ何か決定打に欠けている。何かが足りないと感じていました。

 

そんな時に、1人の移住希望者と話す機会がありました。

彼は東京出身で、都会の喧騒に嫌気がさし、地方を転々としている最中でした。

彼は言いました。

「ほとんどの地方は魅力的に見えるが実際に住んでみるとギャップが大きい。どの地方も外面を良くして魅力的に見せているだけで、住んでみて不便さに初めて気づくことが多い」

と。

 

彼が抱えている移住の問題は、彼1人だけの問題ではなく多くの移住希望者に当てはまるものではないでしょうか。

 

実際に、統計では「交通インフラが不便、買い物環境が不便」といったギャップを感じる移住者が20%以上いるという結果が出ています。

 

この地域には魅力が溢れています。しかし、その魅力を見せるだけでは、移住希望者に夢だけを見せ、現実とのギャップを生み出す結果になるのではないでしょうか。

どうにか、このギャップを埋め、この地域のありのままの魅力を伝えることはできないでしょうか。

 

私たちはその後、考え、1つの答えを見つけました。

 

移住希望者のニーズを満たす革新的な取り組みです。

それは…

「おためし居住施設」です。

(家の写真バーン)

 

このおためし居住施設は、〜〜〜

〜〜〜略〜〜〜


 

いかがでしょうか。

単純におためし居住施設の論理を説明するよりも、続きが聞きたくなるような流れになったのではないでしょうか。

文章にするとちょっと長ったらしいかもしれませんが、文字数でいうと「おためし居住施設です」までで600文字程度です。人が1分間で話す文字数が300文字程度なので、ゆっくりめで間を持たせた話し方にしてもおよそ3分ほどで話せる内容です。

映画や小説などの物語は、起承転結があり、結論は隠したままにすることがほとんどです。それ故に、見る人は「どんな結論になるのか」が気になり魅入ってしまいます

「Output」ではこのように、アイデアに物語性をもたせることで、より魅力的に伝えることができるのです。

 

繰り返して磨いていく

実際には「おためし居住施設」は昨今、どの地方でも取り組まれていて真新しいアイデアではありません。

このアイデアをより魅力的に伝えるためには、他のおためし居住施設とは違う点についてさらに「Theory(論理)」を組み立て、より「Output」で魅力を伝えていく必要があります。

「Idea」→「Theory」→「Output」の流れは実際には何度も繰り返されて磨かれていくことが理想です。

 

そして「Action」へ

「Theory(論理)」を組み立てて「Output」で魅力的に伝える。それができれば次は実際に「Action」で行動します。

実はこの「Action」が一番手間がかかる部分ではあるのですが…

それはまた次の機会にご紹介しますね。

 

あれ?なんか消化不良…

と、思われた方がほとんどだと思います。

そう、実際にどうやって「Theory(論理)」を作り、どうやって「Output」するのか、しまいには肝心な「Action」については何の説明もない!なんだったら「Idea」の出し方に至っては何も触れられていない!!

このままでこの記事は終わるのでしょうか!?

 

 

はい、終わります。

 

「Idea」「Theory」「Output」「Action」について事細かに説明していくとすごく長ったらしくなってしまうので、これらの具体的な出し方についてはまた次回以降に1つ1つそれぞれについて記事にて説明させていただきたいと思っています。

 

あ、でももし今回の記事の反響があまり芳しくなかったらそのままお蔵入りします…笑

 

ちなみに、それぞれの具体的な方法についてはネットや書籍で情報はいっぱい転がっています。

検索するなり本を買うなりで身につく知識ですので、続きが待てない方はそちらをご覧ください。

 

こんな検索ワードで出てくるよ

「Idea」…「アイデアの出し方」「アイデア フレームワーク」「考具:書籍」

「Theory」…「論理 組み立て方」「ロジカルシンキング」「考える技術・書く技術:書籍」

「Output」…「プレゼン 組み立て方」「アイデアのちから:書籍」

「Action」…「事業計画書 作り方」「ビジネスモデル」「ビジネスモデル・ジェネレーション:書籍」

 

それでは次回、「Theory(論理)」の作り方でお会いしましょう。

さよなら、さよなら、さよなら。

遅くなりましたが・・・初めまして!

11月6日から、いなかの窓でバイトでお世話になっている西尾侑哉です。

アルバイトで来出したのはここ最近ですが、昔からよく知っている人も何人かいるのですごく働きやすい環境です。

少し昔の自分の経歴を紹介していきたいと思います!
高校はぎりぎり卒業できまして・・・・(21単位落としてましたが)、すぐ工場に就職して8年間くらい社畜してました!w
最初のころは会社もまぁまぁ覚える事も多くて楽しかった時期もあったのですが、ほぼほぼ覚えてしまうと飽きてしまいまして・・・・

主任にしてもらったその年に飽きたのでやめましたw

でそこからな~んか向いてる事ないかなぁと仕事を探したのですが・・・特にしたいこともなかったのでお金さえ稼げたらいいなと思いまして、スロットの知識が多少あったのでスロットで食べていくかぁと(頭悪い考えですがw)頑張り始めました。

結婚もしているので借金とかまでしたくなかったので手持ちのお金で必死にスロット頑張りましたよ・・・・ええ・・・

頑張った結果を挙げます!

2年間くらいで+1000万ほどは稼げました!(スロット簡単と思っちゃいましたw)

ただ現実は中々残酷な物で・・・みんなの意見から見るとお金だけじゃあないみたいで・・・

スロットで食べるって、世間体とかを考えたら(世間からはすごく嫌な風に見られますw)

ずっとはやっていけないし、時給とかにしたらお金儲けとしては最適だったのですが、辞めました。

で今いなかの窓でお世話になっているっていう感じです。

いなかの窓ではエンジニアとしてお世話になっているのですが、工場やスロットと違って覚える事がものすごく多いです。
ただ、わからないところがあっても誰かにに聞いたらすぐ丁寧に誰かが教えてくれるのでありがたい次第です!

いなかの窓は前の工場とは違ってなんか皆割と気楽に仕事しているイメージがあります。いい意味ですよ

みんないい個性があるので自分的意見を発表しますねw

本田(呼び捨て)→エンジニアとしてのスキルがものすごい。頭の中でよく覚えれるなってよく思いますwエンジニアとしてのことは色々頭の中に覚えているのに、頼まれたことをすぐに忘れてしまうという欠点がある・・・・w(わからないが常にへらへらしている)

みのくん→デザインがすごく優れている。3年前くらい前からみのくんのデザインを見ているんですがなにか作る度にずっとレベルアップしているイメージがあります。たまに変な事をいうのが面白い!!

かずし→幼馴染キャラ。昔からしっかり者で、いなかの窓でもしっかり者キャラとしてテキパキ仕事をしている。考えましたが、欠点という欠点はないが↑の写真のような顔をよくする気がするw

ちなっちゃん→みのくんと同じくデザインが優れている、イラストもかわいいイラストをよく描いているのを見かける!欠点がたまに言葉使いがおっさんみたいになってしまっているw

田代さん→曜日的に会うことも少ないのであんまり喋る機会もないけど、子育てと仕事両方がんばっていてすごいな!って思う。今のところは欠点がわからない!

こんな感じでいなかの窓は色々な人がいて、仕事も難しいので工場のように飽きるってことはないかなと感じます!

こんな人間のガン細胞みたいなやつを拾ってくれている会社なので、できることは精一杯頑張っていこうと思います!

 

 

 

 

 

 

産高インターンシップ「高橋源明くん」の場合

株式会社いなかの窓様にインターンシップで来させてもらっている高橋です

 

インターンシップと言われて想像することは厳しい会社の人たちにいじめられて萎えてしまうみたいなものを想像していたんですがかなりっていうかめちゃくちゃ優しい人ばかりだしめっちゃ自由だしすごい楽しそうな職場だなと思いました

働くならこんな職場がいいなと思うような職場でいつもネットや親から聞く職場とはかけ離れているなと思いました。

今日はお菓子をもらっちゃいました!すごく美味しかったです。

産高出身の方が多くて思い出?話もたくさん聞けてすごく有意義な三日目になりました。

 

職場にはハムスターのキミコちゃんがいたりゲームが置いてあったりしていてすごく理想的な会社だと思います。

キミコちゃんはめちゃくちゃ人懐っこくてすごく可愛いです。

初めて手に乗ってくれたときは感動ものでした。

おやつをあげるときは手に乗っけて見せてあげると興奮するのかめっちゃ暴れます。

顔に近づけるとてから直接食べてくれるし最高に癒されます。

あまり長いと読む気が失せると思うのでこんな感じにして終わります。

最後になりますが癒してくれる動物はたくさんいます。

ハムスターだって人になれると噛まずに手に乗ってくれるようになると聞きます。

怖がらずに触ってみてください。

その勇気に動物たちも応えてくれるはずです。

マジで最高に可愛いですよね動物って!!!!!

終わりで〜す(^▽^)〜♪

 

産高インターンシップ「小島穂高くん」の場合

こんにちは、、

株式会社いなかの窓へインターンシップとして来ました。丹波市在住丹波市出身の小島です。

インターンシップ期間は7日間で、同級生の高橋(成績が41人中39位)というバカとしかいいようのない同級生と一緒にここ㈱いなかの窓へインターンシップ生としてお邪魔させてもらうことになりました。

 

このブログはインターンシップの一環として書かせてもらってます。

 

自分は、本多さんとは2月に知り合いました。

 

どうして、そんなに早くから本多さんと知り合ったの?と思われている方がいらっしゃるかもしれません。

 

自分は写真が趣味で、中学生の時から写真を撮っています。

お気に入りの写真↓

そして高校では写真部に入部しました。そのことがきっかけで篠山市のある方と知り合うことになりました。その方に2月に「篠山市で一緒に大勢と写真を撮らへんーー?」

と誘われました。

 

そのとき写真を一緒に撮り歩いたのが、いなかの窓の箕浦さんです。そのことで初めは箕浦さんと知り合うことができました。

そして一緒に写真を撮り終わったあとに

いなかの窓へ行きました。

そのときに本多さんと知り合うことができました。

 

本多さんと初めてであったときの感想はほそーーーい、ながーーーーい人だなと思いましたね笑

実際に本多さんと話して見た結果コミュ症でした。そんな風にはみえないのですがね、、、

 

いなかの窓には個性的な方がたくさんおられます。自分もその中の1人だと本多さんには言われてますが、、自分も個性的なんですかね?

なにはともあれ1週間お世話になります。

よろしくお願いします。

 

 

驚きの連続・いなかの窓

初めまして、子育てや、旦那さんの仕事のサポートしながら、

「いなかの窓」でお世話になることになりました。

大阪生まれのニュージーランド育ち、篠山に越してきて4年目になります、田代です。

名刺用に作ってくださったイラスト、素敵〜嬉しい〜♪

「いなかの窓」の方たちの名刺には生年月日が書いているのですが、みなさん若いのですね。

篠山に越してきてからこんなにたくさんの若い方たちと接することがあまりなかったので緊張してます。

大丈夫かな。いろいろと不安です。

 

「ミーティングはあちらで」と案内されました。

いやいや、あちらにはトイレしかなかったですよ・・・

あら、素敵な応接でした。

 

ミーティングの最後に千夏さんが「気づかれたと思うのですが、キミコが。。。」

えぇ、なに?幽霊?こわいこわい!

「。。。ハムスターがいるんです、可愛がってあげてくださいね」

ほっとしたのもつかの間、私、ねずみ系苦手でして。

後日おそるおそる覗いてみると、

あら、案外大きい(小さいちょろちょろするのが苦手)

お、しっぽ短い(ミミズみたいなしっぽが苦手)

大丈夫かも。。。

きゃ〜ご飯あげたらめっちゃほっぺたにいれちゃうやん〜めっちゃかわいい!

キミコちゃん!!!よろしくね。

 

部屋の片隅にはこんなものが普通に服のようにかけられていますよ。

かの有名な「ほそいの」と「ダメりん」じゃないですか。

どーしよー「これ着て」とか言われたら。マジ困るわ。

 

「いなかの窓」のメンバー写真発見!

おしゃれな雰囲気、若さが滲み出てますねー。

 

千夏さんゆるい〜雰囲気がめっちゃ好きなんですよね。

(ゆるさ伝わりますかー)

本多さん、大きいーほそーい

(なんの決めポーズなんでしょう)

箕浦さん、静かだなー穏やかだなー

(写真の中ではめっちゃノリノリやし、なんか斧とかマシンガンとか持ってるし)

西本さん、体育会系ーきびきび系ー

(これ西本さんかな?暗くてわからんなぁ。そんなことより横の本多さんが気になるし)

なんだかみんな仲良しですね、素敵な職場です♪

この世界初めてでドキドキしてます、知らないことばかりですが頑張ります!

どうぞ、よろしくお願いします!

Food Around The Rural Town

14795894_988106894634778_1553765147_o

Hello there! I am at Sasayama, so you want to come to Sasayama but still wondering how the food looks like? Fear that you don’t like it? Don’t worry I know food is a vital factor if you want to come anywhere. So, in this 3 Days, I am going to walk around and convey the food to you! And telling how is the taste feels like 😀 Food is life, No Food No Life!

Day 1. Japanese Food

Okay, so first times first we are going to the first restaurant. I am wondering what do you think first if you want to come Japanese Restaurant! So, I decide Ramen Shop because sushi is everywhere, but Japanese Ramen sure should taste different because of the many seasoning.

Shoyu ramen, including pork, spinach, green onion, egg and bamboo shoots, was photographed at Tanpopo Noodle Shop in St. Paul on Monday February 18, 2013. (Pioneer Press: Richard Marshall)– Soyu Ramen to make you feel hungry

“I am coming in!”. I see there is two shop owner. Both are female, and they are so energetic and looks happily to see the customer come 😀 I see they inside the kitchen, try to take their picture secretly because it was embarrassing >_< but they see it! And they pose ha! Very Cool!

IMG_20161027_151200

 

Luckily I am not alone here. Accompanying this party makes me can read the list 😀 After thinking a while I decide I am going to order Curry Udon, why you ask? I order Udon because it looks delicious! But it is “Ramen Shop” so we change the ramen to Udon, okay? Udon is good too so after waiting for just a couple minute udon is coming 😀

beef-curry-udon

Nyaaaam, refreshing, so there is a strange thing I note that people tend to slurp their noodle, it makes it look delicious, so I ask Honda-san why does he slurp his noodle? He said, “it is more delicious and Ramen like when you slurp it. Whoaaa, one new knowledge attained, so guys if you are coming to Japan remember to slurp your noodle, it would strengthen the taste.

Aaaa, I am not full yet after eating we should look up for dessert, so I go to the bakery by myself. I can tell you that even this bakery is small they have the best taste. It is so cheap yet intriguing. There is a wide variety of cake such as Cheesecake, fruits, sandwich, and another delicacy I don’t know the name because it was Japanese Cake.

53183347

Byeeee, thankyou bakery shop~ after I am gone I see many people come to that bakery shop, My presence brings luck eh. Okay, near this place is what people call Fresh Bazaar. In this area, they sell fresh foods just from the oven or not, just raw and ready to eat food. So, this time what catch my eye is this eye-catching Sushi. What? The price? No, it is very cheap compared to the sushi at the restaurant, and it looks, so eye catching too so I am going to buy this one.

IMG_20161020_194749

Itadakimasu! Uhuk uhuk,  Whew, it is splendid, the rice is delicious, and the fish do not stink. It just my feeling is not okay eating raw food, but maybe you like it, you should try. But as a friendly reminder, don’t put all the wasabi in your mouth at once! Very dangerous, it runs to your nose.

IMG_20161020_194653

Okay, so now it’s already night, I wonder what people do in the evening so, I look up to Keiji-san room. And found it, they are eating this kind of beans, Edamame! I already hear the name before but don’t know about the taste. So this time lets try this edamame with Keiji-san! 😀

IMG_20161021_234115

Day 2 Eastern Food

So yesterday we are tasting Japanese Food. So, today I am going to show around some Eastern food such as Indian food, Nepal Food, or Bangladesh Food, Eastern Food! 😀 Sasayama may be a traditional city, but many people immigrate here, so it doesn’t matter if somewhere around the line you’re missing your country food, look for it! It must be somewhere. The first restaurant  Is a Bangladesh Curry Restaurant. The people there invite me to eat today, so I came! 😀 In here I meet with Keiko-san. They only sell Bangladesh Curry on the Saturday and Sunday. Bangladesh curry is quite hot so prepare yourself. 😀

IMG_20161022_152248

In this restaurant too, I meet with Yumiko-san, She is from Nishiwaki and works in the tea company that already expand to Singapore, United States, and Thailand wow. I meet her by coincidence because she is invited by Keiko-san to try Bangladesh curry too! 😀 it is delicious after all, the Bangladesh Curry is similar to Indonesian food haha.

14705661_1669095983419828_6844071194344883135_n

In the night I am so happy because Kazushi-san (Re: My Boss) invite me to eat Indian Curry. And He treats me! Wow, who will reject such Offer! Haha. So we go to Bisho Indian Restaurant. Errrrm, it is a bit expensive I think as you have to purchase the curry differently with the bread.

IMG_20161011_185841

I decide to eat the super hot one! And it is very spicy! OMG, beyond words, I recommend you, if you don’t eat spicy in India or Indonesia, or any other Spicy Country, don’t pick the Very Hot one. Just choose the easy one as it is already very spicy.

IMG_20161011_185816

There is one time I have an event on a different timeline than the story before, so on the end of October I got a message from Facebook, they said let’s do Haloween Party! As I am free enough, I am going there with my Indonesian friend and arrive at the party.

IMG_20161028_201720

Yeah, this is the place. This place looks so Nepal from outside with many purple elephants, Lotus Symbol, and Mantra Cafe Writing. So we come in and “Konbanwa (Good Evening).” So we are coming in. They are using costume haha. It looks funny as this is our first time celebrate Haloween, not scary at all, so we took pictures together. They are very welcoming, and especially they can speak English. So it is easy for us to become good friends. I try to use my Halloween costume too

IMG_20161028_201753

– Haha, this is only an illustration

We enjoy the nights meeting these new friends make me almost forget that we need to show you the food haha.So, Mantra Cafe sells various of spicy food but only mildly spicy, and it was magnificent. You can order my recommended food. It is very delicious, but I don’t know the name, sad. And this is the only cafe I find that have Fried Rice (nasi goreng) on the menu. If you are Indonesian, and you miss the nasi goreng taste, just come to Mantra Cafe. This is the menu I order yesterday, it was curry in a hotplate, it was very delicious as they put many spices, curry, and egg in the hotplate and let it cook.

Day 3 Western Food

Nah This is the time for some European Food! So I go to this friend café, you know him from the previous blog, Kenji-san! 😀

11987147_546120968877015_7219728600146402757_n

So this time I go with Takaya-san, Naoto-san, and Minoura-san after helping them to prepare for AjiMatsuri ( Taste Festival ), you can look taste festival here 😀

IMG_20161007_123807

So there is three lunch list in Inizio café, I choose the 3rd one as recommended. It was some European food I think, the appetizer is a fresh salad with edamame and peanut, Egg soup, and the main menu is I don’t know the food name but It was superb, Hainan rice with shitake and tuna below the melted mozzarella should I say.

IMG_20161007_140733

Very delicious! 😀 and the dessert is delicious cake by Kenji-san wife, I believe it was French kind of cheesecake! It is my very recommended place if you go Sasayama 😀

IMG_20161001_210017

Next cafe if you are going to taste the Western Food is this one and only New York Cafe in Sasayama R.H Bagels, Honda-san Recommend it for me as it was near Inaka-No-Mado so it should be Great! This time i am going with AIESEC friends as they are coming to Sasayama, here we are!
IMG_20161030_132125

Then we go to RH bagels, the indoor of the Cafe looks great and the owner is very friendly!

IMG_20161030_133804

Especially the food here is combined food between Americans and Japanese. It consists of mostly salad and healthy food with cream cheese, nachos, and of course tomato sauce.
12534555_662513567185434_1430141620_n

We are so happy can eat in that place, see you again next time! 😀

IMG_20161030_150413

A boy from Indonesia come to Sasayama

Hi,
My name is Julio Anthony Leonard, you can call me Juan. I’m from Indonesia. What? How do I look? Okay 😐

14689240_1215897411816213_891580316_o (1)

 

 

Too small? I am shy >_<

14689240_1215897411816213_891580316_o (1)

Haha, I hope that’s handsome though 😀 Yeah yeah, I am handsome~ Thankyou

Okay, so this October I am going to have internship in Inaka-No-Mado, what is it anyway? Nah we will found out later, I just know it was in Sasayama so looking for Sasayama picture instead.

140510_Tachikui_Konda_Sasayama_Hyogo_pref_Japan01s3

*Note: this picture is around google

Its beautiful! *_* Want to go there as soon as possible…

Several days later, it was my time to depart bye-bye Indonesia, see you again in 3 months :’)

keselamatan-penerbangan-jendela-pesawat-3

*Note: this is from google world too

Yeaaay! Arrived in Kansai International Aiport, suddenly feel lost, can’t read anything, can’t speak too tough >_< feels alien but suddenly this party burst out yeaah. Thanks to AIESEC member, at least I know I don’t get lost \m/

14614395_1215891701816784_1102327468_o

*face after not taking bath 20 hours

After that we go to Osaka and come to Yodobashi, first time experience, very expensive x_X suddenly my money is divided by 10 times! Feels beggar now haha. Luckily there is very cheap but delicious curry, this is the first time I eat curry and I decide curry is number 2 favorite food after ice cream :’) so delwicious

14689938_1215897391816215_1929147432_o

Next we are going now to Sasayama, my heart be like badump badump, first time will meet with the company, what should I do? What should I say? Whaaa~ but calm down because too tired haha. And finally we arrive!

14618739_1216115241794430_1814672733_o

Whoaaa, somebody drying his shirt there, omoishiroi (interesting) :O

After coming in, it was the first time meet with the company, there is my first time in life welcome party :’) for me only, I feel moved :’)

14678048_1215901768482444_763607446_oYeah! Yeah! It is party time, drink, drink more lol. It is prohibited in Indonesia but now we’re at Japan, so maybe just a cup, or a bottle haha.

14677947_1215901738482447_677662915_o

*Note: This is just illustration, there should be Kazushi san, Keiji san, Mariko san and other AIESEC member~

Nah you can look for our party there…

I am glad i am accepted here 😀 O~mo~te~na~shi. Omotenashi!

14457463_1074784452639892_8819129963834545602_n (1)

 

Nah there is character Introduction for you guys to know the people at the company 😀

Honda Kigen

Nishimoto Kazushi

Minoura Yuta

Chinatsu Adachi

*Design inspired by Binsar Siallagan

 

I will convey more information about Sasayama Every Tuesday 18.00 PM. Stay tuned! 😀